カセットMTRの仕組みを振り返ってみる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
casette

[content_block id=1110]

以前、アンサンブル能力の強化にはMTR(マルチトラックレコーダー)による多重録音が効果的だという話をしました。

その際に、今は絶滅してしまったとおもわれる、カセットテープ方式のMTRに触れました。

今日は、カセットテープを懐かしみながら、その仕組みについて振り返ってみたいと思います。

 

カセットテープはA面B面があり、カセットを裏返す事で面を切り替えます。

ここで勘違いされがちなのですが、実は、カセット自体を裏返したからと言って、磁気テープも裏返っているわけではないんですよね。

読み取る磁気テープの面は、A面もB面も一緒です。

では、どうやって面を区別しているか、という事を図解で示しました。

casette

実はカセットテープを再生するときは、磁気テープの半分しか読み込まれていません。

A面を読み込んでいるときは、図でいうところの下半分(緑色の部分)を読み込みます。

カセットを裏返すと、上下が反対になり、今度はオレンジ色の部分が読み込まれ、B面が再生されるのです。

 

これが通常のカセットテープで音楽を再生する仕組みです。

 

それでは、ここから、MTRの話になります。

さっきは、テープを上下二つに分割しましたが、今度は4分割して、それぞれにひとつずつトラックを割り当てます。

drums_rec

まず、上図のように、ドラムを一番上のトラックに録音します。

次に録音したドラムを再生しながら、ベースを録音します。(下図)

bass_rec

続いて、ドラムとベースを再生しながら、ギターを録音。

guitar_rec

最後に、ドラム・ベース・ギターを再生しながら、ボーカルを録音。

vocal_rec

これで、全てのパートが録音されましたね。

全パートを同時に再生すると、多重録音・再生の完成です!

all_play

簡単だけど、面白い仕組みですよね。

シンプルなので、機械も扱いやすい!

 

でも、一つ残念なのが、録音媒体がテープなので、夏場は延びて、音程が下がる・・・。

最初のテイクと最後のテイクで半音くらいずれていた・・・、なんてことも起こりえます。

 

そこで、カセットMTRの直感的な使いやすさ、デジタル記録の安定性を持ち合わせたのが、TASCAMのDPシリーズですね。

高音質マイクも内蔵されているので、即座に、直感的に録音・操作できます。

作曲や創造的なプレイには右脳的な発想が必要ですが、デジタル機器の扱いには左脳を使うので、その瞬間には右脳の働きが弱くなります。

なるべく、直感で操れる機材を使うことによって、クリエイティビティを失わずにすむ、というわけです。

僕もTASCAM製品はカセットMTR時代から愛用しています。

 

[content_block id=580]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Translate »