Mandolin Player Kzo Ishibashi

石橋敬三と楽しむマンドリンの世界

Category: 演奏動画・音源 (page 2 of 2)

YouTubeでリクエスト受付中!

もうご覧になっている方もいると思いますが、YouTubeでカバー曲リクエストを受け付けています!

動画のコメント欄にアーティスト名、曲名を書いていただけたら、時々回収して抽選します!

他の人と同じ曲を投稿してくれても構いません。ちょっと当たる確率があがるかも・・・?

(※この記事ではなく、YouTube動画内へ コメントください。動画タイトルクリックで移動できます)

 

さて、早速多くのコメントをいただきましたので、第一回の 抽選会を開きました!

 

 

何気なく手に入れた、くま◯ンのエアーくじ。

 

これが大活躍。

 

 

ちなみに、リクエストの中に『ジョジョ その血の記憶 〜 End of The World』がありましたが、

これはちょうど同じくらいのタイミングで撮影していました。

 

 

近いうちにYouTubeでさらに面白い事を仕掛けていこうと思います。

ご期待ください!!

 

 

『足音 〜Be Strong / Mr. Children 』の演奏動画を公開します。

 

こんばんは、石橋敬三です。

今日は新しい動画を一つ公開します。

Mr.Childrenの『足音 〜Be Strong』です。

YouTube Space Tokyoのスタジオお借りして撮影しました。

バックの東京タワーが良い感じです。

 

この曲の楽譜はこちらでダウンロード購入できます。

 

2月にはプレミアムサポーター限定のライブ『つくります、あなただけのサウンドロゴ』もあります。

サウンドロゴ?と思われる方も多いと思いますが、簡単に言うと「参加者お一人お一人のために、短い曲をプレゼントします」ということです。

どんな曲になるのかは、当日のお楽しみです!

プレミアムサポーターの皆様、是非渋谷にてお会いしましょう!!

 

 

限定クリスマスCDプレゼントのご案内!

あと3日経てば12月!

12月といえばクリスマス!!

この時期には毎年クリスマスソングをカバーし続けているわけですが、今年はなんと、クリスマス限定CDを作ります。

まずは、収録曲の一つである『Let It Go』・・・ではなく、『Let It Snow』の演奏動画をお楽しみください。

その他、秘蔵の未発表音源を含む全8曲入りです!

このCD、非売品ですが、プレミアムサポーター様には無料でプレゼントさせてもらいます!

※2014年12月15日までのご登録・お申し込みが必要です。12月初旬からお申し込み順に発送します。

【12/9追記】数に限りがあるため、あと10名とさせていただきます。そのため、〆切前にキャンペーンを終了させていただく場合があります。

 

というわけで、クリスマスCDをお求めの方は、以下からプレミアムサポーターの詳細をご覧くださいませ。

詳細はこちらから。

 

ちなみに、今までカバーしたクリスマスソングの演奏動画をまとめた記事(昨年のエントリー)がありますので、併せてご覧くださいね。

クリスマスソング演奏動画まとめ

 

 

それから、来日していたRobin’s Egg Blueのツアーファイナル、代官山『晴れたら空に豆まいて』でのライブの様子が動画にまとめられています。

Roth Bart Baronさんのライブも素晴らしかったです。

表現したい事が明確で、それでいて繊細で優しい音楽でした。

Robin’s Egg Blueとの組み合わせは最高ですね。併せて聴きたい音楽です。

モールス信号 × マンドリン 結果報告。

8月30日(土)は、「モールス信号×マンドリン」ライブでした。

モールス信号のリズムとマンドリンのサウンドが折り重なったとき、何が起きるか。

 

おそらく、現場で体験していただいた方の多くにとって、予測不能なイベントだったと思います。

僕にとっても、本番が始まるまでどんなライブになるのか、完全には想像できていませんでした。

 

結果から言うと、非常に面白い化学反応が起きました。

「モールス信号に対する理解を深め、マンドリンの可能性を再認識した」

「無性にモールスをやってみたくなった」

などのお声を複数いただいております。

 

基本的にはマンドリンでモールスリズムを奏でたのですが、途中でモールス愛好家の方に、本物のモールス信号の実演を行っていただきました。

やはり、本物のモールスはしびれます。

マンドリンの音とは違い、無機質な響きがまたかっこいいです。

 

ここで、当日の様子の一部をおさめた動画をご覧ください。

30分くらいの組曲なんですが、一部だけ公開します。

マイクの位置の関係で音質がそんなに良くないですが、雰囲気だけでもお楽しみください。

お客さんのイニシャルのモールスリズムを元にループで音を重ねました。

 

モールスのリズムは必ずしも偶数とは限りません。

もちろん、音の長さの解釈はある程度は自分次第なので、弾きやすいようにすれば良いのですが、モールスの無機質なかっこよさを出すために敢えて7連符とかも巻き込んだりしています。

ループを重ねるプロセスで7連符とか5連符とかでてくると、本当はドキドキするんですけどね・・・(笑)

 

他の曲も一部貼っておきます。

まずは、珊瑚の見上げた空。

続いて、かなり久しぶりに弾いたウミとリクイグアナ。

夏っぽい曲が続きます。

もう一つ、リクエストのカバー曲。

Sixpence None The Richer / Kiss Me

これ、かわいい曲ですよね。

前からやろうと思っていたので、ちょうどリクエストが来て助かりました。

 

さて、また面白そうな企画を考えよう。

次は何をしでかそうかな。

 

[content_block id=580]

新曲『羊飼いのうた』

またまた新曲です。

というか、サザナミガゼルと同時に作曲して

同時に録画録音しました。

4月はポピュラーのアレンジを10曲以上こなしたので、

その影響でものすごくわかりやすいメロディーになっています。

この動画はショートバージョンですが、

ロングver.の音源はプレミアムサポーターさんに公開しております。

それでは!

[content_block id=580]

サザナミガゼル は あなたを応援します。

今日は高校時代の友人がリングにあがります。

彼が格闘技の世界に入ったことは去年まで知りませんでした。

ポスターや写真でその勇姿は見ていましたが、今日は初めて生で観戦します。

今まで僕は格闘技とは全く縁がなく、観戦するのも人生初です。

しかし、友人がリングにあがるとなると、こんな僕でもアツくなります。

 

サザナミガゼル。

新曲です。

 

この曲を聴けば、必ず元気になります。

やる気がみなぎります。

力が溢れます。

 

サザナミガゼルはあなたを応援します。

この曲のmp3をフリクルのメルマガで無料配信します。(4/30予定)

この曲の解説もあわせて配信しますので、この機に是非ご登録ください。

フリクルメルマガはhttp://frekul.com/artists/profile/kzoからご登録ください。

 

[content_block id=580]

オラオラ奏法。

僕が隠れジョジョファンなのはご存知な方もいらっしゃるかもしれません。

人間賛歌は勇気の賛歌ッ!!

というわけで、ありったけの勇気をもって、今春から始まった第3部のOPをカバーしました。

STAND PROUD です。

これを昨夜アップロードしたんですが、

僕の予想をはるかにうわまわる速度でみなさんシェアしていただいたので、

再生数の伸びが今までの動画の中で群をぬいてます。

今週月曜に初めて聴いて、火曜にアレンジして、水曜に練習して、

木曜に録画したので、スタープラチナ並に速い動画公開だと自負しておりましたが、

どうやら、みなさんの動画をチェックする速度のほうが速いようです。

恐れ入りました。

同時に「どうやって弾いてるのかわからん」という声を多数いただきましたので、

少しはわかりやすくなるよう、別の動画をアップしました。

この動画を見てもらえば、なんとなくわかると思うのですが、文章でも補足説明します。

①オラオラ奏法

要するに、普通のダウンアップのピッキングでは不可能な瞬間的連打を入れます。

普通のダウンピッキングの時に、ギターでいうラスゲアードを併用するのです。

ピックが弦を通過する直前に薬指と中指で弦を弾くと、薬指→中指→ピックという順番で

弦がかき鳴らされるので、ワンストロークで三回分鳴らせるというわけです。

これをランダムに入れていくといい感じになります。

 

②カッター帽子

要するにピックスクラッチですが、マンドリンで普通にやってもあんまり音が出ないので、

まず指板上に弦もろともピックを叩きつけます。4弦と3弦を狙うとよいでしょう。

そうすると、一応音が出るので、そのままピックを押し付けた状態で、

ハイポジションまで滑らせます。最後は加速してフィニッシュです。

 

③スターフィンガー

スターフィンガーというと一般的には(?)、人差指と中指で行うものですが、

ここでは薬指と小指を使います。

ピッキングとは動きのベクトルが違う(表面板に対して平行の動きと垂直の動き)ので

初めは戸惑います。

ですので、初めはダウンピッキングのかわりに表面板(ピックガードの部分)を叩く、

という意識で臨みましょう。

慣れると、ダウンピッキングとスターフィンガーを同時に繰り出すことが

できるようになります。

 

以上、非常にマニアックな解説になっちゃいましたが、

今回の奏法の種明かしでした。

 

最後に、以前カバーした第2部OPのBloody Streamの動画もはっておきます。

さて、5月のツアーライブに向けて精進します。

[content_block id=580]

一人で弾いてみたシリーズ 〜Payphoneの巻〜

最近お休みしていたカバー動画ですが、

ツアーもはじまることですし、ペースをあげていきます。

まずは、Maroon 5 のヒット曲、Payphoneです。

派手なアクション映画風PVがかっこよくて印象的ですよね。

これをキーを変えてソロにしてみました。

ポップスのカバーをするとき、キーの選択は非常に大事です。

マンドリンみたいな高音域の楽器に関しては、ベースラインを

ちゃんと弾けるキーに設定しないと、何を弾いているのかわからなくなるんですよね。

今回も、IV-I-VI-Vというこの曲のループ進行を考えてギリギリまで低音へシフトしました。

あとは、コード進行は一曲とおしてずっと一緒なので、

リズムで変化を生み出していきます。

といっても、原曲が既にいい感じだったので、今回は、それをなぞりました。

低音が乏しい楽器のソロ演奏は、リズムでカバーすべし、

というニューヨークで培った持論を体現すべく、演奏してみました。

途中ちょっとミスってにやけてしまっておりますが(笑)

基本的には鬼難易度ではない、比較的弾きやすいアレンジになったと思いますんで、

これからライブで弾いていこうと思います。

次は、ジャミロクワイに挑戦ですね。

おっと、それから、今週末は浜松・名古屋に行きます!!(詳細は下のほうを参照)

ライブでお会いしましょう!!たぶんジャミロクワイのあの曲も弾きます!!

[content_block id=580]

弦選びの参考に・・・なるかな?

世の中に溢れる情報の全ては、正しくない。だからといって、間違ってもいない。

真実を自分の目で、身体で体験しないうちは、中身のない情報にすぎない。

やっかいなのは、間違っていようが、衝撃的に感じさせる情報ほど世間に拡がる。

 

最近話題になるニュースの数々を見ていて、改めてこう思います。

極端に思える報道や意見には、フィルターをかけないといけませんね。

いろんな可能性を想像できる人間でいたいものです。

Continue reading

マンドリンとピアノの おとぎ話

もうすぐクリスマスですね。

つまり、もうすぐ今年も終わり

ということです・・・。

みなさんにとって2013年はどんな年

だったでしょうか?

僕にとっては、脱サラ、1stアルバム

のリリース、全国ツアー、と2013年

は革命の年でした。

長年のジレンマからの開放とも言えます。

ライブの回数を数えてみたら、大晦日

のイベントをもって、ちょうど50回に

なるみたいです。

2014年もこの調子でライブをできれば

と思います。目指せ100回!

とはいっても、ライブ回数なんてのは、

野球で言うと打数みたいなもの。

大事なのは安打数・本塁打数ですよね。

より多くの人が「来て良かった!」と

思えるライブにしていこうと思います!

今日は、少しいつもとは違った演奏を。

いわゆる現代音楽です。

Sci-Fi Fairy Tail sonata no.1

というマンドリンとピアノのための曲です。

作曲者の橋爪さんは、元々マンドリン

クラブの出身なので、マンドリンの曲も

頻繁に手掛けてくれています。

橋爪皓佐さんのサイト

http://www.fakesky.com

この動画は8月に大阪で演奏した

もので、ピアノ演奏は緑川羽菜さん。

演奏している側は、色んな意味で

スリリングなんですが(笑)、

非常に不思議で面白い曲ですね。

まさにおとぎ話 (Fairy Tail)。

それにしてもピアノが緑川さんで

なければ、この曲は弾けませんね。

アンサンブルが複雑すぎます、

橋爪さん(笑)。

 

アンサンブルとソロとイタリア料理と・・・。

こんばんは。石橋敬三です。

12月14日(土)と15日(日)は、

西山隆行さん、羽純さんとトリオでの

ライブに参加させて頂きました。

 

まずは吹田の5th Street。

アコースティックイベントには定評

があるライブハウスさん。

音も流石で素晴らしかったです。

5th_street

 

続いて、西山さんご出身の紀美野町。

高校時代の先輩が営んでいるという、

ステキなイタリアン、ステラートさん。

あたたかい雰囲気の中で、美味しそうな

料理を横目に演奏させて頂きました。

 

その時演奏した中から一曲、

羽純さんのオリジナル曲で、blossom。

世にも珍しいViolinとMandolinのDuo。

ふくよかなバイオリンの音との

コントラストをとるため、

テンション高めの演奏にしました。

 

バイオリンとマンドリン

同じ音程の楽器2台ですが、

こんな感じになるようです。

それにしても良い曲です。

お買い求めは羽純さんのHPにて!

 

翌日は和歌山市内の 深山のさくら。

まだ出来上がったばかりの施設で、

今回が初めてのイベントとのこと。

キッチンもありますし、工夫次第で

何にでも使えるスペースですね。

 

西山さん羽純さんと演奏できて、

本当に良い刺激を頂いた週末でした。

ありがとうございます。

ではまた!

[content_block id=580]

クリスマス × マンドリン

もうすぐクリスマスですね。

僕は毎年この時期になると クリスマスソングを動画投稿する事にしてるんですが、

今日は、その系譜を見てみましょう!

2011年から始まります。

まだ僕がニューヨークにいた頃です。なんといっても寒かったですね。。。

夏は暑いし(意外ですが、40℃超えた日もありました)、冬は寒い。

映画なんかではわかりませんが道は結構汚いし、夏の地下鉄は異臭がする。

そんな街ですが、夢をもってたくさんの人が集まってくるのです。

あの街には人の夢と接する時間と機会が溢れていました。

そこには、他の街にはない刺激がありました。

その魅力がまた人を呼ぶのでしょう。

というわけで2011年から。。。

10弦マンドリン弾いてますね。音も生音とアンプ音のミックスです。

2011年
サンタクロースが街にやってくる

続いて、2012年。

日本に戻ってきています。

やはり日本は住みやすいな〜、と思いながら弾いています(笑

この頃はマンドラにはまってまして、

マンドラにマンドリンの弦を張ったりして色々遊んでました。

2012年
The Christmas Song

そして今年、2013年。

二曲投稿しました。

 

2013年
Last Christmas

The Christmas Song の マンドリンバージョン

こんな感じです。

クリスマスソングはこの時期しか弾きません。

ぜひ生で聴いてみましょう。

 

Newer posts
Translate »