着地できたか?!マンドリンコードマラソン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
99

毎日ひとつずつコードをtwitterにアップして、新曲の素材を作る!

という、おそらく世界初の試みであるマンドリンコードマラソン

約20日にわたって、走り続けてきましたが、ようやく着地する事ができたと思います。

せっかくですので、20枚のコード画像をまとめてみます。

なんか並べると指が一杯あって気持ち悪い気が・・・?!

G – GM7/D – G(9) – G#M7-5

AmM7 – Am7 – D7(9)/C – A♭7-5

ここまでが一つのループですね。

 

続いて後半です。

Am7 – D7/A – GM7(13) – Eaug7/G#

A7 – D7/A – C#m7 – C7(-5)

Bm7 – B♭7(-5) – Am7 – D7(♭9)

こちらは、単独で回るループではありません。

一つ目のループから繋いで、また一つ目のループに戻っていくための繋ぎの役割を果たします。

 

さ、ここからが勝負です。

これを元に、メロディもつけて今月中に録音して配信しようとおもいます。

どんな仕上がりになるか楽しみです。

 

 

コードというのは覚えるものではないと思うんですよね。

 

「このコードはこう押さえるのか。なるほど、これがCメジャーのフォームだな。」

そう考える人も少なくないと思います。

 

でも、こう考える事もできますよね?

「Cメジャーだからドとミとソだな。よし、この弦でドを押さえよう。てことはこの弦でソ、残ったこの弦でミだな。」

 

自分で音を積んでいく楽しみを覚えたら病み付きになります。

ドミソのミを半音さげるだけで、暗い感じになるし、ドミソにシを足すとオシャレな感じになる。

そんな発見を増やしていくのがコードを理解する近道だと思います。

 

[content_block id=580]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Translate »