マンドリンで学ぶ!コードのいろは⑤【マイナーセブンス】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 18
IMG_20160128_193119

『マンドリンで学ぶ!コードのいろは』第五回です。

前回までは、メジャー・マイナーコード、メジャーセブンス、セブンスコードを紹介しました。

 

第一回 メジャーコードについて

第二回 マイナーコードについて

第三回 メジャーセブンスコードについて

第四回 セブンスコードについて

 

セブンスと名のつくコードもいっぱいあってややこしいですね。

ここでもう一度整理しましょう。

下の表をご覧ください。 

  名前 表記 構成音 響きの印象
メジャー系 メジャー(基本型) C ド 、 ミ、 ソ 素直な明るさ、原色
メジャーセブンス CM7(C△7) ド 、 ミ、 ソ、シ オシャレ
セブンス C7 ド 、 ミ、 ソ、シ♭ 不安定、緊張感
マイナー系 マイナー(基本型) Cm ド、ミ♭、ソ ダイレクトな暗さ
マイナーセブンス Cm7 ド、ミ♭、ソ、シ♭ 都会的
マイナーメジャーセブンス CmM7 ド、ミ♭、ソ、シ 退廃的

※響きの印象については、コードの流れの中で大きく変化します。飽くまで参考まで。

 

 

暗記しても身になるものではありませんからね。

一つずつ、響きを自分で確認して耳に馴していきましょう。

今日はマイナーセブンスの説明をしたいと思います。

 

 

上品で洗練されたマイナーセブンスコード

まずは、メジャーセブンスです。

例えば、Cマイナーコードの構成音は、ド、♭ミ、ソですね。

 C_minor

ここにシ♭を足します。

 C_minor_seventh

ド・♭ミ・ソ・♭シ。

これがCマイナーセブンスです。

それでは実際の響きを聞いてみましょう。

最初のほうが普通のCマイナーコード、後のほうがCマイナーセブンスです。

どうでしょう、Cメジャーセブンスと同じく、少しオシャレな響きになりますよね?

でもCメジャーセブンスよりも、マイナーセブンスのほうがちょっと冷たい感じがしませんか?

もしくは都会的でバランスのとれた感じ。洗練されたサウンドになります。

 

それでは、このCマイナーセブンスコードをマンドリンで弾いてみましょう。

 

 

 

Cマイナーセブンス(Cm7)をマンドリンで弾いてみよう!

マンドリンでCマイナーセブンスを弾くと、どんな響きになるのでしょうか。

普通のCマイナーコードの後に、Cマイナーセブンスを弾いています。

やっぱり、ちょっと洗練された、現代的な感じになりますね。

 

では 、次に実際にフォームを作ってみましょう。

まずは復習です。

Cマイナーコードの形を作りましょう。

IMG_20160128_193025

思い出してください。

ドが一番低音にあって、ドと♭ミとソの音が入ったコードですね。

ここでは、4弦3弦の第5フレットセーハ(人差し指)、2弦の第6フレット(中指)、1弦の第8フレット(小指)ということにしましょう。

※コードは一通りではありません。自分で色々なコードフォームを発見しましょう。

 

この時点の構成音は、ド・♭ミ・ソの3つだけですね。(下からド-ソ-♭ミ-ド)

上で説明したように、これに♭を足せばメジャーセブンスコードになるのです。

そこで、♭を足しましょう。

 

メジャーセブンスのときと同じく、また1弦を使いましょう。

1弦はルート音と同じドを担当していますが、2フレット分下がって、♭シに移動してもらいましょう。

 IMG_20160128_192958

中指のセーハで押さえることになります。

これがCマイナーセブンスのコードです。

※繰り返しますが、Cマイナーセブンスのフォームは他にもたくさんあります。音の並びを変えてみたりして、自分で色んなコードフォームを見つけましょう。

 

セーハは嫌だっていう方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、今回はもうちょっと音の配列を工夫してみましょう。

1弦を弾くのをやめて、2~4弦だけでコードを作ります。

IMG_20160128_193119

4弦から順番に、ド(第5フレット)、シ♭(第8フレット)、ミ♭(第6フレット)です。

ソの音がなくなっちゃいましたが、体制に影響はありません。(←これはそのうち詳しく説明します)

 

またまた!平行移動。 

あとは、いつものように、形ごと平行移動すれば、Aマイナーセブンスであろうが、Dマイナーセブンスであろうが、作れますね。

譜例をひとつ置いておきます。(クリックすれば大きい画像が開けます。)

c_minor_7_ex_1

こんな簡単なの弾いてても面白く無いよ!という方のために、以下のエクササイズを用意しました。

☓印のところは、左手で音をミュートして歯切れよく弾いてください。

◯のなかに☓印がついている箇所は、右手の薬指と小指で表面板(できればピックガードのあるところ)を叩きます。

c_minor_7_ex_2

実際に演奏するとこんな感じになります。

 

今日学んだマイナー7thコードは僕も曲作りやアレンジの際に多様しています。

例えばこの『眠りの淵』という曲。

終始マイナーセブンス・コードを主体にして展開しています。

↓『眠りの淵』の楽譜と音源はこちらから 

DLmarketで購入

 

第一回 メジャーコードについて

第二回 マイナーコードについて

第三回 メジャーセブンスコードについて

第四回 セブンスコードについて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Translate »