Mandolin Player Kzo Ishibashi

石橋敬三と楽しむマンドリンの世界

弦を弾いてみる #煮詰め方初級

ピックの握り方については、こちらの記事で説明しました。

この記事では弦を弾く方法を説明します。

 

弦を弾く

細かい事を言い出すとキリがないですので、ピックをつまんだら、とりあえず弦を弾いてみましょう。

楽器を右膝の上にのせ、左手でネックを支え、構えてください。

右腕は大体こんな感じの角度にして構えます。

1

 

ダウンピッキング

まず、弾きたい弦を決めたら、その上弦の下側にピックを当てましょう。

DSC_0152

そして、そのまま力強くピックを下に降ろして、弾きたい弦をつっきりましょう。

・・・音は鳴りましたか?

マンドリンは弦を2本ずつ張ってあります。

そのうち1本だけ弾くのではなく、基本的には2本を一度に弾きます。

弦の上の空間にピックを置き、手首や指先ではなく、腕(肘から下)を振り下ろしましょう。

遠慮せず力強く、弾いたあとに下の弦にひっかかるくらい振り下ろすのです。

DSC_0153

これが「ダウンピッキング」です。

何度も繰り返してみましょう。

 

アップピッキング

ダウンピッキングを行った直後は、弾いた弦の下にピックがあるはずです。

その状態から続けて「アップピッキング」をやってみましょう。

再び、腕を使って上へ引き上げます。

DSC_0154

このときも、遠慮せず、弦を弾いたあとに上の弦に引っ掛かるまで引き上げます。

 

繰り返し練習しましょう

マンドリンの弦を弾く方法は、このダウンピッキングとアップピッキングだけです。

どんな複雑な右手の技術も、基本的にはこの二つの組み合わせにすぎません。

 

ダウンピッキングとアップピッキング。

繰り返し繰り返し、ゆっくり練習しましょう。

 

 [content_block id=580]

2 Comments

  1. ももい たかし

    2018年10月30日 at 10:33 PM

    弦を上下する際のピックの動きはうちわのようにペタペタ(?)と上下するのでしょうか  又は弦に平行に上下するのでしょうか? 素人ですみません質問です。

    • kzo

      2018年11月3日 at 4:18 PM

      ご質問ありがとうございます。
      「うちわのようにペタペタ」という部分、おっしゃられるイメージが理解できている自信があまりないですが・・・。

      とりあえず、弦に対してピック面が並行、ピックの軌道は弦に対して完全垂直を目指すと良いと思います。

      実際は斜めにしたりすることもありますし、その方が良い場面も多いのですが、まずは「やろうと思えば完全平行・完全垂直にできる」という前提が必要です。
      「できるけどしない人」と「できないからやらない人」では雲泥の差があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »