多治見(岐阜)、武豊(愛知)に行ってまいりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 17
DSC_0038

12月12日と13日は、多治見市と武豊町で演奏させていただきました。

まずは土曜日、多治見市へ。

DSC_0026

名古屋からJR中央本線(快速) で約35分。

思ったより近かったです。

美濃焼で有名な多治見、最近は夏の猛暑で有名な多治見です。

DSC_0031

会場は、多治見養正公民館。

アットホームな雰囲気で演奏させていただきました。

(画像はリハーサル前に撮ったものです。)

クリスマス前なので、半分くらいはクリスマス曲、あとはオリジナル曲を演奏させていただきました。

『マンドリンを聴くのは初めてですか?』という問いかけに対して、約半分くらいの方が「初めて」とのこと。

普段マンドリンを聴く機会のない方にお届けできるのは本当に嬉しいです。

 

日曜は、知多半島の武豊町。

浦島太郎伝説の町として知られています。

「浦島」「竜宮」「乙姫橋」などの地名が残っているようです。

午前中は、おとなりの半田市にある赤レンガ建物にも伺いました。

DSC_0035

ここは、元々カブトビールの工場だったとのこと。

建物の中には、カブトビールの歴史が展示してありました。

復刻カブトビールをお土産に買って帰りました。

 

午後は本番。

会場は武豊町のゆめたろうプラザ。

比較的格調高い小ホールでしたが、こちらもアットホームな雰囲気でお迎えいただきました。

DSC_0038

両日とも、終演後にお客様が色々と話しかけてくださり、嬉しかったです。

「マンドリンを始めたいんですけど、どこに売ってますか?!」

「ギターやリュートとはどこが違うんですか?」

「私、マンドリンの○○先生の娘さんと同級生だったんです!」

など、話は尽きませんでした。

 

多治見市文化振興事業団、NPOたけとよの皆様、大変お世話になりました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Translate »