『チカラを抜く』という意識をやめた時。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 18
20160130225948

過去の自分のツイートを掘り返して再考するシリーズ。

今日のネタはこれです。

『力を抜く』が、わからない。

昔から、マンドリンの先生からも先輩からも『手首を柔らかくしろ』と言われてきました。

手首を柔らかくすると、自由な動きが可能になって、音色にも変化が生まれることは簡単に想像できました。

でも、学生の僕は『手首を柔らかくする』という方法論に、いまいちピンと来ていませんでした。

なぜピンと来なかったか。

要は、手首が柔らかい=ふにゃふにゃ⇒しっかり弦をはじけるわけがない、という思い込みが頭の中にあったのでしょう。

豆腐で釘が打てるものか、というやつです。

その当時は、柔らかい=弱い、と思っていたのです。

しかし、後にある文献に出会い、手首の「柔らかさ/硬さ」と「強さ/弱さ」は別ものだと理解するようになりました。

 

『力を入れる』という意識へ

それまでは『力を抜こう』と意識してきましたが、その考えを次のように改めました。

『必要な箇所に 必要なだけの力をいれる』

力を抜くのではなく、力を入れることに意識を集中したのです。

この意識を持つことで、より自然に手首と付き合うことができるようになりました。

ちょうどアメリカに渡った頃だったと思います。

僕にとって、これに気づいた事は大きな転機だったと思います。

 

また、肘・手首・指関節を別々の動力として認識し、それぞれを効果的に使う方法を考えるようになりました。

マンドリンの正しい煮詰め方の「1. 右手の動かし方の類型」をご参照ください。

 

ちなみに、しなやかで強い手首を手に入れるため、僕はある程度の訓練が必要だと思っています。

次回、その訓練について、実際に僕が行った方法をご紹介いたします。

 

 

次の記事『【やりすぎ禁物】手首を鍛える』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Translate »