Mandolin Player Kzo Ishibashi

石橋敬三と楽しむマンドリンの世界

Category: (中級)マンドリンの正しい煮詰め方

ピックの奴隷になってはいけない。

マンドリンは普通、ピックで弾きます。

でも、僕は家でマンドリンを弾くとき、半分くらいは指で弾いています。

文字通り、ピックを持たずに指で弾いています。

特に作曲してるときなんかは、ほぼ指弾きです。

 

他の楽器の経験がマンドリン演奏に役立つか

僕は、今までマンドリン以外に、エレキギター、クラシックギター、アコースティックギター、バンジョーなどの絃楽器を練習したことがあります。

(※最近はウクレレ動画もアップしていますが、ウクレレ歴は2ヶ月で短すぎるので除外します。)

 

それで、この中で今の僕のマンドリンの技術に一番影響を与えた楽器が何かというと・・・。

 

僕は間違いなく、「クラシック/アコースティック・ギター」と答えます。

ギターは大して上手く弾けないのですが、指で弦を弾くという練習が、マンドリンの演奏にも非常に役立っています。

 

そう、僕はマンドリン演奏においても、指で弦を弾く感覚が大事だと考えています。

 

ピックに自由を奪われる

ピックというのは一つの便利な道具なんですが、どうも扱いが難しいんですよね。

僕も5年ほど前までは、ピックに自由を奪われている感覚が強かったです。

ピックがずれたり、思い通りに動かせなかったり。

ピックを巧みに使って楽器を弾きたいのに、逆にピックに使われてしまっている、そんな感覚になっちゃいます。

 

当時はいかにピックをコントロールしようかということばかり考えていました。

ピックを巧くコントロールして弦を弾く・・・。

そういう意識でした。

 

ところが今はというと、マンドリンをピックで弾いている感覚があまりないんです。

基本的にはダウンは親指、アップは人差し指で弾いている感覚で、たまたまその間にピックがある、という具合です。

↓実際にマンドリンを指弾きしている動画

 

マンドリンは実質、指で弾いているという感覚

この感覚を持ち始めて便利になった事がいくつかあります。

 

①以前より自由な弦移動ができる

②ピックのズレが全く気にならない(ズレても演奏しながら直せる)

③音色のバリエーションが増えた

④ピッキングのスピードがあがった(音のキレが良くなった)

⑤何より、次にどんな音を出すかということに集中できる

 

①は容易に想像できると思いますが、②以降については、体験していない人に説明するのが難しいかもしれません。

 

ピックのズレが全く気にならない

まず、ピックのズレは演奏しながらでも直せるようになりました。

慣れればトレモロしながらでも直せます。

これでピックのズレへの恐怖からは開放されます。

 

音色のバリエーションが増えた

次に、音色のバリエーションが増えるということについて。

『ピックを握ってそれを弦にぶつける』という動作に比べて『親指(及びそれに伴うピック)で弦を弾く』という運動は、物理的にバリエーションが豊かです。

結果、当然ながら音色も変化に富んだものになります。

 

ピッキングのスピードがあがった

ピッキングのスピードについて、これも間違いなく速くなります。

『ピックを握ってから弦に当てる』感覚だと、ピックを握った状態で弦に向かって運動することになり、移動時のスピードにロスが生じます。

その点、(ピックを握らずに)親指がピックを弦に向かって押す形で運動し、インパクトの瞬間だけ親指と人差し指でピックをしっかりとホールドする形をとれば、移動時のスピードロスは最小限に抑えられます。

しかも、親指の『押す』という運動も加えられるので、スピードは格段に速くなります。

 

次にどんな音を出すかということに集中できる

そして最後、これが一番大事なことです。

『音に集中できる』ということ。

ピックという道具を介さずに直に弦を弾いている感覚を持てるんですよね。

これ、非常に大事です。

楽器が身体の一部のようになって音楽を奏でられたら最高ですよね。

 

マンドリンで行き詰まったら、ギターやウクレレを練習してみてはいかがでしょう。

あるいは、上の動画のように、マンドリンを指弾きするのも面白いですよ。

急がばまわれ。

実は一番の近道かもしれません。

 

 

マンドリンで学ぶ!コードのいろは⑤【マイナーセブンス】

『マンドリンで学ぶ!コードのいろは』第五回です。

前回までは、メジャー・マイナーコード、メジャーセブンス、セブンスコードを紹介しました。

 

第一回 メジャーコードについて

第二回 マイナーコードについて

第三回 メジャーセブンスコードについて

第四回 セブンスコードについて

 

セブンスと名のつくコードもいっぱいあってややこしいですね。

ここでもう一度整理しましょう。

下の表をご覧ください。 

  名前 表記 構成音 響きの印象
メジャー系 メジャー(基本型) C ド 、 ミ、 ソ 素直な明るさ、原色
メジャーセブンス CM7(C△7) ド 、 ミ、 ソ、シ オシャレ
セブンス C7 ド 、 ミ、 ソ、シ♭ 不安定、緊張感
マイナー系 マイナー(基本型) Cm ド、ミ♭、ソ ダイレクトな暗さ
マイナーセブンス Cm7 ド、ミ♭、ソ、シ♭ 都会的
マイナーメジャーセブンス CmM7 ド、ミ♭、ソ、シ 退廃的

※響きの印象については、コードの流れの中で大きく変化します。飽くまで参考まで。

 

 

暗記しても身になるものではありませんからね。

一つずつ、響きを自分で確認して耳に馴していきましょう。

今日はマイナーセブンスの説明をしたいと思います。

 

 

上品で洗練されたマイナーセブンスコード

まずは、メジャーセブンスです。

例えば、Cマイナーコードの構成音は、ド、♭ミ、ソですね。

 C_minor

ここにシ♭を足します。

 C_minor_seventh

ド・♭ミ・ソ・♭シ。

これがCマイナーセブンスです。

それでは実際の響きを聞いてみましょう。

最初のほうが普通のCマイナーコード、後のほうがCマイナーセブンスです。

どうでしょう、Cメジャーセブンスと同じく、少しオシャレな響きになりますよね?

でもCメジャーセブンスよりも、マイナーセブンスのほうがちょっと冷たい感じがしませんか?

もしくは都会的でバランスのとれた感じ。洗練されたサウンドになります。

 

それでは、このCマイナーセブンスコードをマンドリンで弾いてみましょう。

 

 

 

Cマイナーセブンス(Cm7)をマンドリンで弾いてみよう!

マンドリンでCマイナーセブンスを弾くと、どんな響きになるのでしょうか。

普通のCマイナーコードの後に、Cマイナーセブンスを弾いています。

やっぱり、ちょっと洗練された、現代的な感じになりますね。

 

では 、次に実際にフォームを作ってみましょう。

まずは復習です。

Cマイナーコードの形を作りましょう。

IMG_20160128_193025

思い出してください。

ドが一番低音にあって、ドと♭ミとソの音が入ったコードですね。

ここでは、4弦3弦の第5フレットセーハ(人差し指)、2弦の第6フレット(中指)、1弦の第8フレット(小指)ということにしましょう。

※コードは一通りではありません。自分で色々なコードフォームを発見しましょう。

 

この時点の構成音は、ド・♭ミ・ソの3つだけですね。(下からド-ソ-♭ミ-ド)

上で説明したように、これに♭を足せばメジャーセブンスコードになるのです。

そこで、♭を足しましょう。

 

メジャーセブンスのときと同じく、また1弦を使いましょう。

1弦はルート音と同じドを担当していますが、2フレット分下がって、♭シに移動してもらいましょう。

 IMG_20160128_192958

中指のセーハで押さえることになります。

これがCマイナーセブンスのコードです。

※繰り返しますが、Cマイナーセブンスのフォームは他にもたくさんあります。音の並びを変えてみたりして、自分で色んなコードフォームを見つけましょう。

 

セーハは嫌だっていう方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、今回はもうちょっと音の配列を工夫してみましょう。

1弦を弾くのをやめて、2~4弦だけでコードを作ります。

IMG_20160128_193119

4弦から順番に、ド(第5フレット)、シ♭(第8フレット)、ミ♭(第6フレット)です。

ソの音がなくなっちゃいましたが、体制に影響はありません。(←これはそのうち詳しく説明します)

 

またまた!平行移動。 

あとは、いつものように、形ごと平行移動すれば、Aマイナーセブンスであろうが、Dマイナーセブンスであろうが、作れますね。

譜例をひとつ置いておきます。(クリックすれば大きい画像が開けます。)

c_minor_7_ex_1

こんな簡単なの弾いてても面白く無いよ!という方のために、以下のエクササイズを用意しました。

☓印のところは、左手で音をミュートして歯切れよく弾いてください。

◯のなかに☓印がついている箇所は、右手の薬指と小指で表面板(できればピックガードのあるところ)を叩きます。

c_minor_7_ex_2

実際に演奏するとこんな感じになります。

 

今日学んだマイナー7thコードは僕も曲作りやアレンジの際に多様しています。

例えばこの『眠りの淵』という曲。

終始マイナーセブンス・コードを主体にして展開しています。

↓『眠りの淵』の楽譜と音源はこちらから 

DLmarketで購入

 

第一回 メジャーコードについて

第二回 マイナーコードについて

第三回 メジャーセブンスコードについて

第四回 セブンスコードについて

マンドリンで学ぶ!コードのいろは④【セブンスコード】

『マンドリンで学ぶ!コードのいろは』第四回です。

前回は、メジャーセブンスコードを説明しました。

 

第一回 メジャーコードについて

第二回 マイナーコードについて

第三回 メジャーセブンスコードについて

 

メジャーセブンスは、結構オシャレで気取った感じの響きでしたね。

Cメジャーセブンスの構成音は、ドミソ+シ、でした。

 

今日は、『メジャーセブンス』 ではなく、『セブンス』コードです。

基本的には、メジャーセブンスと同じように、超基本コード(Cメジャーであればドミソ)に一つ音を加えるだけです。

 

 

テンションバリバリ、セブンスコード

Cメジャーコードの構成音は、ドミソでしたね。

C_maj

 

鍵盤(白鍵)で言うと、一つおきにド・ミ・ソと音が置かれています。

この3つの音の上に一つ音を加えると、セブンス系のコードが出来上がる、と前回説明しました。

メジャーセブンスコードは、ドミソ+シでしたね。

C_maj_7

 

今日のお題、セブンスコードの場合、一番上のシを半音下げます。

 C_7th

 

音にすると、こんな感じになります。(二つ目に鳴っているのがCセブンスコードです) 

 

それでは、このCセブンスコードをマンドリンで弾いてみましょう。

 

 

Cセブンス(C7)をマンドリンで弾いてみよう!

マンドリンでCセブンスを弾くと、どんな響きになるのでしょうか。

 

 

普通のCメジャーコードの後に、Cセブンスコードを弾いています。

緊張感の高い音になりますね。

Cメジャーコードの時は、うなずいている感じ、Cセブンスコードの時は、首をかしげている感じ、とも言えます。

 

では 、次に実際にフォームを作ってみましょう。

まずは復習です。

Cメジャーコードの形を作りましょう。

ipp

思い出してください。

4弦3弦の第5フレットセーハ(人差し指)、2弦の第7フレット(薬指)、1弦の第8フレット(小指)ですね。

※コードは一通りではありません。自分で色々なコードフォームを発見しましょう。

 

これにシ♭を足せばCセブンスコードになるのです。

ここでは1弦にシ♭を担当してもらいましょう。

 

ipp

 

小指を外し、1弦の第6フレットのシ♭を中指で押さえます。 

これがCセブンスのコードです!

※繰り返しますが、Cメジャーセブンスのフォームは他にもたくさんあります。音の並びを変えてみたりして、自分で色んなコードフォームを見つけましょう。

 

ロックンロールだぜ。 

あとは、いつものように、形ごと平行移動すれば、Aセブンスであろうが、Dセブンスであろうが、作れますね。

GセブンスコードとCセブンスコードを繰り返すだけでも、なかなか様になると思います。

下の例は、このテンションバリバリのセブンスコードだけを使って、ロックンロールを弾いたものです。

 rock'n_roll

 

 

第一回 メジャーコードについて

第二回 マイナーコードについて

第三回 メジャーセブンスコードについて

第四回 セブンスコードについて

 

※ ニューアルバム『MEME』の予約注文がamazon.co.jpで開始されました。

meme

 

マンドリンで学ぶ!コードのいろは②【マイナー】

前回はメジャーコードの中で、もっとも応用のきくものを一つご紹介しました。

メジャーの次は、もちろんマイナー!

というわけで今回はマイナーコードについて説明します。

 

メジャーとマイナーの違いは紙一重!

メジャーとマイナーは何が違うのでしょう?

実際に耳にすると、メジャーが明るい感じ、マイナーが暗い感じに聴こえると思います。

上の音源がメジャーコード、下の音源がマイナーコードです。

違いがはっきりしていますね。

しかし、実はメジャーコードとマイナーコードの違いは、本当に紙一重なのです。

C_maj

前回説明したCメジャーコードは、上の図が示すようにド(C)・ミ(E)・ソ(G)で構成されています。

では、マイナーの場合の構成音はどうなっているのでしょうか?

C_minor

実は、真ん中のミの音を半音下げるだけで、Cマイナーコードになるのです。

家に鍵盤のある方は、実際に響きの違いを試してみてみてください。

Cマイナーコードは、ド(C)・ミ♭(♭E)・ソ(G)で構成されています。

 

当然、コードフォームもよく似ている!

CメジャーをCマイナーにするには、ドとソは残留、ミだけを半音下げれば良いわけです。

ここで、前回のおさらいです。

メジャーコードの形を思い出してみましょう。

IMG_20140703_225858

4弦から1弦に向かって、ド(C)-ソ(G)-ミ(E)-ド(C)でしたね。

ということは、4弦3弦1弦はそのままで、2弦のミだけを半音下げれば良いわけです。

するとこんな感じのフォームになります。

 IMG_20140703_225915

4弦から1弦に向かって、ド(C)-ソ(G)-ミ♭(♭E)-ド(C)です。

これがCm(Cマイナー)です。

マイナーのmは小文字で書いてくださいね。

大文字で書くとメジャーのMになってしまいます。

さて、あとは前回と同じで、色々と応用してみましょう。

フォームを保ったまま、ベース音(ここでは4弦のC)を移動すると、違うマイナーコードが誕生します。

例えば、人差し指をラのところまで持ってくると、Am(Aマイナー)の出来上がりです!

 

メジャーとマイナーがあれば、大抵の事はなんとかなる?!

コードの基本、メジャーコードとマイナーコードさえあればなんとかなる場合も多いのが事実です。

メジャーでもマイナーでもないコードが存在しますが、まずはメジャーとマイナーに慣れていきましょう!

次回はこの2本軸、メジャーコードとマイナーコードを少しオシャレにドレスアップしてみたいと思います。

 

 

第一回 メジャーコードについて

第二回 マイナーコードについて

第三回 メジャーセブンスコードについて

第四回 セブンスコードについて

マンドリンで学ぶ!コードのいろは①【メジャー】

マンドリンコードマラソンが意外と反響があり、みなさんのマンドリンコードに対する関心が伺えました。

一方、あの企画はそもそも単純に個人競技としてコードを綴っていくだけで、初心者にわかりやすいコードを紹介するコンセプトではありませんでした。

そのため、複雑でわかりにくいと感じられた方も少なくなかったようです。

そこで、マンドリンを使って、コードというものを一から紐解いていこうと思います。

 

コードは覚えるものではなく、作るものだ!

あえて最初に釘をさすようなことを書きますが、コードを知ったからといって、直ちに曲が書けるようになるわけではありません。

コードは決して万能ではありません。

しかし、コード、またはその進行を学ぶ過程で、新しい発見が必ず生まれると思います。

その発見は、色んな事に応用できるはずです。

 

ここでは、コード表を示して順番に説明していく方法は、とりません。

急がば回れ、という言葉があります。

コードの構造を知り、自分でコードを作るプロセスこそが、大事だと思います。

 

それでは、簡単なコードから順番に、一緒に作っていきましょう。

パズルみたいなものです。

 

ドミソ。

まずはドミソです。

C_maj

これをマンドリンで弾いてみましょう。

ドが一番低音にあって、ドとミとソの音が入ったコードを作ればいいのです。

一番低音の音をベース音と言います。

ベース音のドは4弦の第5フレットにしましょう。

では3弦は、どの音を担当するのが良いでしょうか?

第2フレットのミか第5フレットのソの2択ですね。

ここでは第5フレットのソを選んでみましょう。

4弦3弦のセーハですね、ちょっと慣れが必要ですが、がんばって押さえましょう。

IMG_20140627_084230

こうなってくると、あとは自然に決まって来ます。

2弦は第10フレットのソ・・・はきついので、第7フレットのミを押さえます。

最後に1弦は、これはもう第8フレットのドしかないですね。

これで、ジャラーンと鳴らしてみてください。

はい、これがCメジャーです。ドミソのシーメジャーです。

CMajと書いたり、Cだけで表記されたりすることもあります。

同じCメジャーでも、他の押さえ方はたくさんありますが、まずこれを指に馴染ませましょう。

 

他のコードに流用できる。

ドミソのCメジャーのコードの一つをご紹介しました。

ここで大事なのは、ベース音がドの音になっていることです。

上で紹介したコードをただのCメジャーのコードとしてではなく、『ベース音がドのメジャーコード』として認識してみましょう。

 

それでは、ベース音がラのメジャーコードは?

そうです、指の形はそのままで、ズズズッと人差し指を第二フレットのラまでずらしてやるのです。

IMG_20140627_092855

これで、『ベース音がラのメジャーコード』ができましたね。

これはなんと言うコードでしょう?

 

さっきのはベース音がド(C)だったので、Cメジャー。

今度のはベース音がラ(A)なので、Aメジャーです。

 

コードを自分で調合する楽しみを。

このように、一つのコードを学べば、他のコードを自分で作れるというわけです。

コードの名前なんて、初めはどうでも良いです。

直感に任せて、音を少しずつ変化させていく楽しみを覚えていただければ幸いです。

次回は、マイナーコードについて書きます。

 

第一回 メジャーコードについて

第二回 マイナーコードについて

第三回 メジャーセブンスコードについて

第四回 セブンスコードについて

マンドリンの弦のテンションは本当にきついのか?!

簡単入力で弦の張力を計算してくれるサイトがあります。

以前から重宝しているMPUSTC(The McDonald Patent Universal String Tension Calculator)をご紹介します。

なぜ弦のテンションを計算する必要があるのか。

ギターの弦には、色んなゲージ(太さ)のセットがあります。

ヘヴィー、ミディアム、ライト、エクストラライトの順に弦が細くなります。

同じ音程になるよう弦を張った場合、細い弦のほうが、張力(テンション)は緩く、左手は押さえやすいです。

一方で、音のハリの面等では、太くテンションのきつい弦のほうが勝っていたりします。

ギター弾きの人は、そんな要素を総合的に考えて、自分にあったゲージの弦を選びます。

 

一方、ラウンドバックのマンドリンを演奏される方は、それほどゲージを気にしていない場合が多いのではないでしょうか?

でも実際は、市販されているマンドリン弦のゲージは様々で、それによって音の響きやテンションがかわってきます。

(※実際には、弦のテンションや響きはゲージだけではなく、素材や巻弦の形状にも影響されます。)

 

その事を考えると、マンドリン弦のゲージとテンションの関係が気になってきますよね。

では、ここで、Optima(最も一般的なラウンドバックマンドリンの弦メーカー)のテンションを計算してみましょう。

 

Optima 赤+オレンジ (.010-.013-.022-.036

最近 僕がよく使っているセットのゲージを入力してみましょう。

まず、ギターを初め、様々な絃楽器のフォーマットが用意されているので、ここではMandolinを選択します。(青枠内)

orange

続いて、赤枠内にスケール(弦長)を入力します。

ここでは、ラウンドバックマンドリンの平均な弦長として、33.5cmを入力してみます。

そして、1弦から順番に音程、ゲージを入力します。

緑枠内では、PlainかWoundを選択できるようになっています。

1・2弦はプレーン弦ですのでPlain、3・4弦は巻絃ですのでWoundを選択します。

 

最後にreculculateをクリックすると、各弦のテンションと、トータルテンションが算出されます。

1弦 – 15.92kg(7.96kg ×2)

2弦 – 11.52kg(5.76kg ×2)

3弦 – 17.38kg(8.69kg ×2)

4弦 – 16.54kg(8.27kg ×2)

トータルテンション  61.36kg

となりました。

 

マンドリンの弦のテンションはやはりきついのか?!

マンドリンは押さえるのがきつい、とよく言われます。

実際のところはどうなのでしょうか。

ここで、一般的なアコースティックギターのミディアムゲージと比較してみましょう。

guitar

アコースティックギターの弦テンションは以下のとおりでした。

1弦 – 12.17kg

2弦 – 11.99kg

3弦 – 14.58kg

4弦 – 13.75kg

5弦 – 14.60kg

6弦 – 13.58kg

トータルテンション 80.67kg

 

弦単位では、ほぼどの弦もマンドリンのほうがテンションが強い、という結果になりました。

しかし、トータルテンションはギターのほうが上です。

プレイスタイルが違う楽器なので単純に比較することもできませんし、テンションだけでは計り知れない部分があるので、これ以上の言及は控えます。

しかし、「あれ?思ったより差はないな」と思われた方も少なくはないのではないでしょうか?

 

なぜMPUSTCを知ったか?

僕の場合、このMPUSTCを利用するキッカケは、10弦マンドリンでした。

以前、10弦マンドリンを導入した際、一般にはない追加コースの2本の弦にどんなゲージの弦を張ればよいか、計算してみようと思ったのです。

もちろん、ゲージだけでは全てを判断することはできませんが、このMPUSTC、弦を色々試す際の絞り込みには便利なツールです。

 

Translate »