著作権が根拠なく奪われようとしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
2

※最新情報はこちらになります

【結論】海外プロダクションによる石橋敬三作品の盗用問題について

 

 

 

本日8月22日19時10分、衝撃的なメールが届きました。

 

1

 

 

要するに、僕の楽曲の著作権は、”僕ではなく他人にある” という判断を受けたのです。

これまでの流れをわかりやすく以下に書きます。

 

① 僕の作品『Aries』がレバノンのプロダクションに無断盗用された。(有名アーティストのMV)

② なぜか先方から著作権侵害の申し立てがあった。

③ Ariesは僕が2011年に作曲したものなので、逆にこちらから侵害の申し立てをした。

申し立てが却下された! ← 上記メールの内容です。

  ※詳しい内容はこちらの過去記事を御覧ください。

 

ちなみに、再審査を申し出ることもできるそうですが、それが再度却下された場合は、僕のアカウントが停止になるなどの措置があり得るらしいです。

つまり、僕は海外大手プロダクションからの根拠の無い攻撃に対して、動くに動けない状態ということです。

 

Cyrine Abdel Nour

- Bhebak Ya Mhazab- (Official Clip)

このMVの最後5分50秒以降、エンドロールのBGMで使われているのが僕の曲『Aries』です。

敢えてそうしたのか、編集もなく音源をそのまま使われています。

(最初に流れているマンドリンの音も僕の演奏音源です。こちらはカバー曲。同じく無加工。)

 

 

動くに動けない・・・、だったら放っておけば良い?

それでは、僕が過去にCDリリースした『Aries』はどうなるのでしょうか。

Ariesはそもそも2011年11月26日に作曲・演奏し、YouTubeにアップロードしたのが始まりです。

ニューヨークに住んでいた頃、海外の生活に刺激を受けながら、丹精こめて作った曲です。

思い入れも強かったので、2014年3月10日リリースの2ndアルバム『BLUE』にも収録しました。

このまま進むと、最悪の場合、この『Aries』に関する全ての権利が奪われ、『逆に僕がCDで他者の作品を勝手に使っている』という判断をされるかもしれません。

さらには、同じ手口で他の曲も奪われる可能性だってあると思います。

 

 

・・・いや、流石にそんなことにはならないだろう。

 

 

そう思いますか?

僕も昨日までは、そう思っていました。

そうです、このメールを受け取るまでは。

 

そもそもこの事件に、前触れはありませんでした。

これは権利を持つ誰にでも起こりうることです。

 

相手は、遠く離れた中東レバノンの大手プロダクション、Watary Producrionです。

プロダクションのYouTubeチャンネル登録者数は、約20万人。総再生回数は1億弱。

僕個人で戦って勝てる相手ではありません。

 

何もしなければ、僕は淡々と、着実に楽曲を奪われる結果になる可能性があります。

作品は命の産物です。

そしてその作品を奪うということは、僕の人格を侵害することに他なりません。

 

もちろん、これは僕だけの問題ではありません。

先にも述べたように、状況からすると、これは誰にでも起こりうることです。

たまたま僕だっただけです。

 

こんなことがまかり通ってはいけない。

いや、そんなことはさせない。

 

その覚悟を持って、全力で対応していくつもりです。

ここ数日、皆様のご協力は非常に心強く、勇気となって僕を突き動かしてくれています。

YouTubeへのコメント、SNSでの拡散、一つ一つは小さいことかもしれませんが、皆様と僕の力を合わせれば強大な相手に立ち向かうことができると確信しています。

これは僕の決意表明です。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

※問い合わせが多いので追記しますが、JASRACとは2007年に既に信託契約を結んでいます。対応をしてもらっている最中です。

 

その後の経過については、以下を御覧ください。

※最新情報はこちらになります

【結論】海外プロダクションによる石橋敬三作品の盗用問題について

 

 

関連記事:海外人気歌手のMVで石橋敬三の音源が無断使用!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『著作権が根拠なく奪われようとしています。』へのコメント

  1. 名前:通行人 投稿日:2016/08/23(火) 23:27:12 ID:125172152

    ・アマゾンで売ってるCDの登録日
    https://www.amazon.co.jp/BLUE-Kzo-Ishibashi/dp/B00IKGFAVK
    >CD (2014/3/10)

    ・iTunes Storeでの登録日
    https://itunes.apple.com/jp/album/blue/id828787252
    >リリース: 2014年3月10日

    パクった相手が↑これ以前に公開していたことを第三者的に証明できなければ勝てます。

    商品ページが削除される可能性も考えられるので、
    スナップショット(魚拓)を取得しておきました。
    https://archive.is/nblKD
    https://archive.is/qjkMI
    ※スナップショット(魚拓)は裁判の証拠としても使えます

    それと、自分の手元にある音源と、相手方がアップした動画の音源が同じものかどうか?
    専門家に鑑定を依頼するという手段も・・・

  2. 名前:きよすえ 投稿日:2016/08/23(火) 22:56:39 ID:a088ebab5

    とんだ災難ですが、ぜひ頑張ってください、応援してます。
    ファンの方々、相手方のYouTubeへのコメントは中傷や罵倒ではなく、冷静に事実を指摘して抗議を表明しましょうね!

  3. 名前:kazaku 投稿日:2016/08/23(火) 22:09:32 ID:00b2c6b79

    ご自分の作品の権利が取られてしまうのはとても辛い事ですよね。
    よく分かります。自分も拡散等を通して応援しますので絶対に負けないでください!

  4. 名前:通りすがり 投稿日:2016/08/23(火) 22:03:26 ID:fc0de4645

    あなたのそれがどれだけ売れたか?判りませんが。JASRACとしては、最初は静観して
    向こうは結構大手なんでしょ、話題で再生数とか販売量が膨らんだところで、が~ん」と
    やったほうが得ってことだと思いますよ。
    あなたもそのほうが実入りが増えると思いますよ。

  5. 名前:ん? 投稿日:2016/08/23(火) 21:51:08 ID:6d3aea47a

    再審査してもらえよ
    こんな事でわめかれても他人は迷惑
    著作権について赤の他人がどうこうできるとでも?

  6. 名前:横田 投稿日:2016/08/23(火) 19:35:17 ID:e1bec50cc

    詳しく理解できてはいないと思いますが~。
    「BLUE」のCDを聞きなおしてみました。高音の美しい、きれいな曲だと思いました。
    曲イコール石橋敬三と思います。イメージの貧しい盗用者に同情いたします。
    また、システムを運用するのも人ですから、誤りが生じないシステムを構築する要があると思います。
    これから石橋先生の後に続く方々の為にも、よく闘ってください。

  7. 名前:ホッピー市川 投稿日:2016/08/23(火) 17:43:00 ID:d56c238e5

    クールジャパンでやっていくなら 
    こういう訴訟の救済こそ 政府が金出してやるべきですね。

    海外に遺失している日本の財産です。

    海外の大手だからと優先/許されるものでなく 逆に資金力を悪用した犯罪として
    懲罰的賠償請求を求めるくらいのことをしてもいいんじゃないでしょうか?

    appleによる日本の部品メーカいじめ対策ともども
    政府としても積極的に取り組むべきですね。

  8. 名前:ゆとりん 投稿日:2016/08/23(火) 16:55:56 ID:63096bfb5

    たまたまネットで拝見させていただきました。
    絶対に諦めないでください。
    相手が大手である以上、戦い続けるのは至難でしょうが、一度でも敗けを認めれば相手の思う壺です。
    絶対に諦めないで戦い続けてください。

  9. 名前:田丸 投稿日:2016/08/23(火) 15:22:34 ID:605bb9446

    申し訳ありませんが、言わせて下さい。
    ※2さん。根拠も無いのに決めつけで盗作したなどと言わない方がいいですよ。名誉毀損にあたります。
    こちらの、音楽を丸々改変することもなく使用し、奪おうとしている問題とはまた別の話です。
    ファイナルファンタジー14のファンとしてとても残念に思います。

    記事読ませていただきました。もしこれが通ってしまったのなら一体どうなるのでしょう。本当に恐ろしいです。拡散しかできませんが、頑張って下さい!

  10. 名前:K 投稿日:2016/08/23(火) 13:23:47 ID:8d70aca17

    酷い話ですね。一通り読んで、とても憤りを感じました。
    この話は、全世界の人に発信しなければいけない情報だと思います。あちら側が盗作をして、尚且つそれでお金を稼いでいる事実を多くの人に知ってもらえればあちら側もこのままではまずい状況となるはずです。
    良い方向に物事が動くことを信じています。とても辛いと思いますが、頑張ってください。

  11. 名前:Mippon 投稿日:2016/08/23(火) 12:50:11 ID:9937ba5d1

    先方からの申し立てではなくYoutubeの自動判別機能ですね。いわゆるコンテンツIDという機能が原因で、機械的に動画が停止されたのでしょう。コンテンツIDというのはいわゆる、音や映像の指紋のようなものをYoutubeのデータベースと照合して著作管理する仕組みです。
    https://support.google.com/youtube/answer/2797370

    Watary Producrionは確認バッジ付きの規模の大きいプロダクト系(映像や音楽の配給会社)チャンネルです。Watary Producrionが「Cyrine Abdel Nour – Bhebak Ya Mhazab」を投稿した際、件の曲のコンテンツIDがYoutubeのデータベースに存在しなかったため、Watary Producrionに帰属した形で、YoutubeデータベースにコンテンツIDが登録されたのでしょう。
    これはどちらが早く動画を投稿したかに関わらず、影響力が高いチャンネルの動画が優先的にスキャンされ、データベースに登録される傾向があり、個人のチャンネルではいくら自作曲を投稿しようが、Youtubeのデータベースに、自作曲のコンテンツIDが登録されることはないと言えます。

    ちなみに申し立て却下のメールはおそらくYoutubeの機械返信&自動判別で、Watary Producrionには連絡すらいってないか、仮にいってたとしても石橋敬三さんに非があるような通達をされているでしょう。

    つまり申し立てが却下された理由は、
    “石橋敬三さんの「Aries」は、
    「Cyrine Abdel Nour – Bhebak Ya Mhazab」を盗用した”
    ではなく

    Youtubeのアルゴリズムの判断により
    “石橋敬三さんが「Cyrine Abdel Nour – Bhebak Ya Mhazab」を転載音源を投稿したが
    バレないように「Aries」と名前を変えて投稿した、非常に悪意のあるものである”
    と判断された可能性が高いです。

    こちらの記事を参照するとよりわかりやすいかと思います
    http://gaagle.jp/gagazine/print.php?kiji_id=4477

  12. 名前:kzo 投稿日:2016/08/23(火) 11:45:42 ID:f8f4e4330

    昨日から皆様にはご心配をおかけしております。
    スマホの通知が鳴り止まず、正直疲弊している部分もありますが、今日もちゃんと活動できております。
    申し訳ありませんがコメントのお一人お一人にお返事をすることはできませんが、ここで少し整理させていただきたいと思います。

    私はこの問題は起こるべくして起こったものだと思います。原因は、単一の団体にあるわけではなく、社会の歪みだと考えています。
    私としては、どこどこが悪いとか、責任追及などよりも、未来の明るい音楽業界に向けて社会を前進させたいと考えています。

    以上が私の意図です。皆様がどう判断し、どう行動するかは私にコントロールする権利はありません。
    ただ、事態は一歩ずつ、確実に前進していることだけは確かです。
    今回の騒動の拡がりをきっかけに、実際に行動を起こしていただいている専門家の方もいらっしゃいます。
    どうぞ暖かく見守っていただければ幸いです。

  13. 名前:太平 投稿日:2016/08/23(火) 11:27:22 ID:70b64f443

    ひッでえ話だ・・・
    比較的最近起こった、スクエニ(日本のゲーム会社)の祖堅正慶という方の話を思い出す。
    残念ながら、こちらの方は加害者側なのですが。
    ちょうど石橋敬三さんと似た立場の海外アーティストから盗作し、しかし何の咎めも受けずに逃げ遂せてしまった。

    スクウェアエニックスという会社、そしてそれが手掛けるファイナルファンタジー14というコンテンツが大変大きいものである事、加害者の家族が著名な音楽家である事等、上手く裁きから逃げ遂せた理由はそこにあったように思うけれども、傍から見ているともっと残酷な点がありました。

    よりにもよって加害者側のファン達が、「お前のような無名者の作品を使って頂けたのだからむしろ有難く思え」といった論調で遊び半分のお祭り騒ぎのように被害者のブログやフェイスブックに殺到し、リンチを続けた事です。
    被害者の心中察するに余り有るおぞましい事ですが、やはりどうしても心が折れてしまったらしく、悲痛なコメント一つ残してブログも閉鎖、被害者の方は訴える事を諦めてしまいました。

    ファン層の違いもあるでしょうしまさかとは思うのですが、石橋さんの身にもそういうおぞましく人の心を折る酷い事が起こらぬ事を祈っています。
    万が一起こったとして、そしてその加害者側を援護する悪いファンの強烈さばかりが目立つような状況となったとして・・・
    まともな心を持つ人間ならば例え同レベルの大騒ぎで対抗できないまでも、水面下では強い憤りを覚えていて何かできる事は無いかと模索し始めているという事を、心の隅にでも留めておいて頂けると幸いです。

  14. 名前:やま 投稿日:2016/08/23(火) 11:02:21 ID:07ac864d5

    キツそうですね。

    弁護士もよく知らない人もたくさん
    いますから、弁護士の選択から
    大変です。

    私は口頭の差し止めで使用はやめさせましたが、長期無断使用に関する
    楽曲使用料は徴収できませんでした。ましてワールドワイドでは。

    難しいと思います。
    費用対効果を考え判断ですね。
    頑張ってください。

  15. 名前:Shunzou 投稿日:2016/08/23(火) 10:38:00 ID:b11298c9a

    絶対に諦めずに戦いぬいてください。

  16. 名前:匿名 投稿日:2016/08/23(火) 10:36:52 ID:aecd44fb3

    Twitterで拝見して伺いました。
    応援しています!
    とてもしんどいことだと思いますので、どうか心身ともにご自愛いただきつつ…。

  17. 名前:匿名 投稿日:2016/08/23(火) 10:27:46 ID:614162dbc

    素材サイトさんが似たような被害を受けた時の流れをまとめられているので参考までにどうぞ
    http://musmus.main.jp/blog/believe-music-05/
    http://musmus.main.jp/blog/attack-oversea/

  18. 名前:. 投稿日:2016/08/23(火) 09:27:24 ID:3927dedb5

    >YouTubeへのコメント、SNSでの拡散、一つ一つは小さいことかもしれませんが
    うーん・・・まず最初に「法的措置」なのでは?
    弁護士さんに相談してみましたか? 少なくとも探そうとしてみましたか?
    なにか順番が違うような気がします

    • 名前:kzo 投稿日:2016/08/23(火) 10:09:13 ID:f7c2e8287

      その方面も同時に進めています。
      また親類に国際特許を扱っている者がおり、この類の事件の複雑さは聞いております。
      ある程度の世間の注目度も必要だと考え、皆様にご協力いただいたところです。
      結果、昨日とは違う形で前進できそうです。

  19. 名前:匿名 投稿日:2016/08/23(火) 09:26:47 ID:3927dedb5

    >YouTubeへのコメント、SNSでの拡散、一つ一つは小さいことかもしれませんが
    うーん・・・まず最初に「法的措置」なのでは?
    弁護士さんに相談してみましたか? 少なくとも探そうとしてみましたか?
    なにか順番が違うような気がします

  20. 名前:匿名 投稿日:2016/08/23(火) 09:26:03 ID:4db11d23f

    ガッツリお金巻き上げて懲らしめて欲しい。向こうがめっちゃ上から目線で胸糞悪いです…( ‘ᾥ’ )

  21. 名前:あきら 投稿日:2016/08/23(火) 09:22:21 ID:ebc98fdad

    はじめまして。Twitterにてこちらのブログを知り読ませていただきました。

    JASRACのJ-WIDにて検索したところ、『Aries』は『部分信託』となっていましたが協会へ相談などされたでしょうか?会員登録し著作権管理を任せているのであれば、個人で行動するより協会通しての方がいいかと思います。

    • 名前:kzo 投稿日:2016/08/23(火) 09:29:15 ID:f7c2e8287

      楽譜の出版に関しては私自身が管理し、それ以外の管理をJASRACに信託しているため、部分信託となっています。
      協会他、各方面と連携してすすめておりますので、ご安心ください。

  22. 名前:とおりもん 投稿日:2016/08/23(火) 04:44:28 ID:4259b13ee

    申し立てが却下されたわけじゃないと思いますよ
    相手(Watary Producrion)がそれでも著作権を主張してますよというメールですよね
    どっちが正しいかとかyoutubeチームが判断するこっちゃないので(あくまで仲裁まで)
    本気ならサーバーが置いてあるアメリカで裁判すればいいと思います
    自分で演奏してCDまで出してるなら証拠てんこ盛りなので勝てるでしょう
    その前に裁判するぞと言ったらビビって引くでしょう
    でも向こうの無断借用なので結構な額のお金をとれる案件ですね

    • 名前:kzo 投稿日:2016/08/23(火) 09:33:43 ID:f7c2e8287

      包括契約している以上、YouTubeにもそれなりに管理する義務があると思います。
      それに今回は、2011年に先に動画を同じくYouTubeでアップロードし、同曲でCDリリースしている案件です。
      まずは各方面からYouTubeの管理徹底を促しているところです。

  23. 名前:山下 欽也 投稿日:2016/08/23(火) 01:01:12 ID:00e17f096

    ここに問い合わせてみて下さい。
    色々な事を証明しないと行けないと思いますが、正しい方が負けるはずは有りません、

    http://www.copyright.gov

    • 名前:kzo 投稿日:2016/08/23(火) 09:34:08 ID:f7c2e8287

      ありがとうございます。
      次の段階として検討させていただきます。

Translate »