マンドリンで表現の限界にチャレンジ、新曲『Asteroid Mining』。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 18
asteroid

マンドリンでできる事ってなんだろうか。

 

トレモロでメロディを演奏すること。

伴奏とメロディを同時に演奏すること。

アコギソロのようにパーカッシブな奏法を取り入れること。

いろいろやってきましたが、ここらで一丁、エフェクターを使ってどんな曲が作れるか、試してみたくなってきました。

 

というわけで、一曲。『Asteroid Mining』という新曲です。

もちろん、もっと変態的なこともできるんですが、エフェクターを使うことが目的じゃないですからね。

音楽として楽しめる曲になっていないといけません。

技術や機材におぼれてはいけない、といつも気を付けています(笑)

この曲は、その辺のバランス感覚をもって作った曲です。

 

エレキっぽい音とか、いろんな音が聞こえてきますが、紛れもなく、すべてマンドリンの音です。

ピックアップはピエゾ、プリアンプでまずはなるべく生音に近い音にしてから、そのあとでエフェクターをかけています。

使ったエフェクターは、コンプ、ディレイ、ディストーション、それからエレハモのFreezeですね。

(※この辺りは、ほとんどのマンドリン奏者の方には呪文のようにしか聞こえていないでしょうね・・・。)

この曲のフルバージョン音源は、プレミアムサポーター様に期間限定(~6月15日)で配信しています。

また色んな実験して、面白い作品を提案してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Translate »