【やりすぎ禁物】手首を鍛える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 18
s512_f_event_70_0nbg

前回の記事『「チカラを抜く」という意識をやめた時。』のダイジェストは次のようなものでした。

 

①「手首が柔らかい=ふにゃふにゃ」ではない

②  チカラを抜くことよりも、チカラを入れるべき箇所に意識を集中するほうが効果的かも

③  強くしなやかな手首が理想的

 

今回は、理想と思われる「強くしなやかな手首」を手に入れるため、僕が実践した方法をひとつ紹介します。

下の画像のアイテム、どこかで見たことがあると思います。パワーボールというらしいです。

wikipediaより

ドン・キホーテなんかでは千円くらいで売ってると思います。

これで手首をどうやって鍛えるか。

説明するよりも、動画を観てもらったほうが早いと思います。 

中の球体が、ぐりんぐりんと回転します。

回せば回すほど強い遠心力がかかり、ボールが飛んでっちゃいそうになります。

それをしっかりホールドしながら、回転にしたがって手首を動かします。

 

このエクササイズ、マンドリン弾きにはとっても良いと思うんです。

まず、しっかりホールドしないといけないので、握力が鍛えられます。

しかも、しっかりホールドした状態で手首を柔軟に動かすことが要求されます。

これが、マンドリンで言うところの「ピックをしっかり握ったまま手首や指の関節を自由に動かす」練習に繋がるんです。

 

「手首弱いなぁ」もしくは「どうも手首の硬さがとれないな」という方は、一度お試しください。

もちろん、やりすぎはダメですよ。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Translate »