Translate:

【解体新書】The 移弦 ~アウトサイド編~

2019年にLINE公式アカウントを作りまして、

中高生から社会人まで、全国の皆さんのお悩みをお聞きしたりしています。

 

「なんだかよくわからないけど上手に弾けない」「何から手をつければ良いのかわからない」

そんな感じのお悩みが多いです。

 

何回かやりとりして、課題を一緒につきとめるわけなんですが、

いただいたお悩みのほとんどは、本質的には右手の問題だということに気づいたんです。

そこで、まずは右手にクローズアップして、今までとは違う視点で、

指と手の動きをお見せしようと思っています。

第1回のテーマは、右手のお悩みの中でもトップクラスで多い、「移弦」です。

全4回にわけてやっていきます。

 

◆マンドリン解体新書◆ vol.1 『The 移弦 ~アウトサイド編~』    #マンドリン #弾き方 #移弦

とりあえず、Aパートからいきましょう。今回はアウトサイドの特訓です。

2弦をダウンピッキングでたたいたあと、1弦の外側まで回り込みます。

そのあと、アップでピッキングします。

このように、回り込んでからピッキングするものを、アウトサイド移弦と呼びます。

いつもは楽器の表面に対して平行にピックを動かしますが、

移弦のときには、ピックを少しだけ空中に浮かせる感じですね。

ダウンピッキングのあと、1弦をスルーして回り込みます。

そして、1弦を下からアップピッキングします。

浮かせるといってもちょっとだけですからね。

最小限の高さで回り込みましょう。

 

アウトサイド移弦のコツは、『弦のバネ』を使うことです。

跳び箱の踏切台みたいなイメージです。

ダウンピッキングで、強く踏切台に突っ込んで、

その反動をつかって1弦という跳び箱を越えます。

 

初心者のかたは無理せず、ここまでの4小節、ここだけを繰り返し練習してください。

この次から少し難しくなりますからね。

 

では次の小節に進みます。

同じような感じで下降していきます。

・・・が、ここです。問題が発生しましたね。

今までは、隣の弦への移弦でしたが、ここでは3弦から1弦へ、

つまり2弦を飛び越える移弦が出てきちゃいます。

 

移動距離が大きいので、ゆっくりあせらず、たくさん練習して慣れましょう。

跳び箱が2つ並んでるのを一気に超えるイメージです。

 

さて、ここを乗り越えれば、あとは同じ動きですね。

途中でこんがらがってきちゃうかもしれませんが、メトロノームをつけながら、あせらずやっていきましょう。

 

今回はアウトサイド移弦がテーマでした。

次回は、インサイドの移弦について解説します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました