【まえがき】

今表現活動やビジネスにおいて、SNS運用は欠かせません。

ミュージシャンにとってもSNSは、作品発表や公演の宣伝に欠かせないツールとなっています。

YouTubeとSNSなくしては、音楽活動は成り立たない時代です。

一方で、SNS運用が諸刃の剣となる可能性も、常に意識しておかねばなりません。

SNS上では過激で極端な意見が増えています。一方通行で、減ることはありません。

このような中でうまくSNSを活用していくには、「環境認識」と「目的意識」が必要でしょう。

 

【この記事の概要】

◆ ネット上の意見はだいたい極端なものばかり

◆ 自分がネット上で発する意見も極端なものばかり

◆ その意見は本当に「望まれる極端な意見」だろうか

◆ ネット上で意見を言うときは場をわきまえて言ったほうが良い

◆ あるいは「狙って」言う

 

 

環境分析

まずは、自分の周りの様子を眺めてみましょう。

会社の周りの人たち、クラスの友達、サークルの仲間たちを眺めるのと同じ感覚で、自分のフォロー一覧を見てみましょう。

おそらく、自分がフォローしている人たちは、特定のクラスタに偏っているはずです。

例えば、Twitterなどで僕をフォローしてくれている人であれば、他にもマンドリン関係の人をたくさんフォローしている場合が多いと思います。

そんな「No Mandolin, No Life」な貴方は、知らず知らずのうちに、さらなるマンドリンの魅力(あるいは共感)を追い求め、いろんな人をフォローしているわけです。

そうしているうちにマンドリンの沼にはまり、もう抜け出すことはできない、というわけです。

素晴らしいですね。どんどんマンドリンの沼にはまっていただきたいと思います。

 

一方で、これはマンドリン以外のどんな事にも当てはまることなのです。

 

Yahoo!トレンドなどを見ていて、よく政治関連の発言がバズっているのを見ますよね?

そういったツイートのリプ欄を見ていつも思うのです。

「類をもって集まる」とはこのことだな、と。

過激なバズツイートのリプ欄を見ると、ほぼ例外なく、意見が一方向に偏っています。

そして、同時期に反対意見のツイートがバズったりもしますが、そのツイートのリプ欄も意見が偏っています。

みんな思い思いの意見を述べているのですが、違う意見の者同士が交わることはないのです。

 

なぜそうなるのか?

 

人はみな、自分の見たいものを見て、見たくないものには無意識に蓋をする生き物だからです。

 

 

ネット社会では特にその傾向が強いので、自然と意見が極端な方向に進んでいくことも多いです。

自分の中での普通の意見は、他人から見ると極端な意見かもしれない。

それを認識しておくことで、SNSでの不慮の事故も少しは防げるのではないでしょうか?

 

 

目的意識

極端な意見を持つこと自体は悪いことではないと思います。自分が選んだ道ですので。

ですが、SNSにおいては、「求められる極端な意見」と「求められない極端な意見」があることを忘れてはいけません。

だって、基本的には、みんな自分が見たいものしか見たくありませんから。

 

例えば、貴方がミュージシャンとして尊敬する人をフォローしたとします。

それは、その人のミュージシャンとしての活動や考え方を知りたいからですね。

ですが、そのミュージシャンがいきなり、音楽とは一切関係のない、自分が絶対に相いれない意見を発信したとしましょう。

その時、貴方はどう思うでしょう?

 

それはそれ、これはこれ、としてそういった発言を見ないようにしてフォローし続けますか?

それとも、幻滅してフォローを解除しますか? ファンをやめますか?

 

SNS上で何も考えずに発した一言が、裏切りと捉えられることもあるということです。

 

だからですね、音楽と関係のない分野の意見を言うときは、「本当にここが適した場所なのか?」を考える必要があります。

だって、その意見は「求められていない極端な意見」である可能性があるから。

 

どうしても言いたいのであれば、そのリスクをわきまえた上で、きっちりと目的意識をもち、効果を狙って言うべきです。

それができないのであれば、別アカウントで発信したほうが良いでしょうね。。。

 

SNS運営の目的が「ミュージシャンとしての活動を発信すること」であれば、そこから逸脱したことを発信する場合は気を付けましょう、という話でした。

 

自戒をこめて。

 

 

【あとがき】

この記事の概要を再掲。

◆ ネット上の意見はだいたい極端なものばかり

◆ 自分がネット上で発する意見も極端なものばかり

◆ その意見は本当に「望まれる極端な意見」だろうか

◆ ネット上で意見を言うときは場をわきまえて言ったほうが良い

◆ あるいは「狙って」言う

 

ポイントは、自分のフォロワー、あるいはフォロワーになってほしい人達に、嫌悪感を与える可能性がないか、です。

犬や猫など、嫌悪感を与えないものであれば、まったく問題がないどころか、世を平和にすることに役立つでしょう。

自分の推しキャラを発信していても全然問題ないと思いますよ。(hydeとか…)