練習の成果は自分にはなかなか見えないもの。 ~理想の練習の進め方(5/6)~

練習の成果は自分にはなかなか見えないもの。 ~理想の練習の進め方(5/6)~

※この記事は、本気で上達を目指す方、または生徒や後輩の上達を支援したい方へ向けたものです

練習の成果、早く出てほしいですよね。
ですが、決して焦ってはいけません。

成果はなかなか見えないもの_練習の進め方

なるべく動画で記録をとっておく

日々の変化は実感しにくいものです。
なるべく日々の練習の様子を動画に収めておきましょう

練習をすべて撮影しなくても大丈夫です。
その日の練習の後半で数回撮るだけでも良いです。

スマホで良いので、できれば毎日同じアングル、距離で撮影するようにしましょう。
そうすると、後から変化を比較しやすくなります。

動画を自分で確認する

撮った動画は、ちゃんと自分で見て確認しましょう。
客観的に見ることで初めて気づくこともあります。

練習して、動画を見て、そして頭の中で繰り返しイメージしましょう。
なるべく成功するイメージを膨らませましょう。

10日間の変化を確認する

10日経ったら、初日の動画と最新の動画を見比べてください
そして状況によって次の行動を決めましょう。

・すごく効果が出て目標が達成できたとき
↳おめでとうございます!練習を卒業するか減らしましょう!
・効果が良い感じに出ているとき
↳その調子です!同じ練習メニューを続けましょう!
・効果が無いわけじゃないけどイマイチなとき
↳練習メニューを少しだけ変更することを考えましょう
・効果が全く感じられないとき
↳別の練習メニューに変更するか、課題を再確認しましょう

練習の成果の見方(まとめ)

成果の見方のコツは次の3つです。

①なるべく動画で記録をとっておく
②動画を自分で確認する
③10日間の変化を確認する

練習するときは少しでも客観的にみるため、動画を撮っておきましょうね。
次回は「練習メニューの見直し方」を説明します。

上達の心理術カテゴリの最新記事