Dropboxを捨て、Copyを導入した理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
1

※残念なことですが、オンラインストレージサービス“Copy”は2016年5月1日で終了ことが公式発表されています。

 

僕はノマドマンドリニスト(?)として、外出先で仕事をすることも多いわけですが、

「データが家のデスクトップPCに入っているから、ここでは例の作業ができない・・・」

という場面があります。出張中は、困るときあるんですよね。

 

実は数年前、クラウドを積極的に使っていた時期がありました。

データのバックアップも兼ねて、最近は大体のデータをクラウドに置こうと思ったんです。

どの端末からでもアクセスできるというのはやはり便利ですしね。

でも、当時の転送速度やユーザーインターフェイスの未熟さのため、諦めた経緯があります。

 

でも、今ならひょっとしたら大丈夫なんじゃないかと思い、

先日から色々なサービスを物色していました。

 

数年前から使っているGoogle DriveBox.netDropboxEvernote・・・、

それに加えて、最近でてきたMegaやCopyもためしてみました。
最初はGoogle Driveを使っていましたが、僕のmacとアップロードアプリとの相性の問題か、

同期するとファイルがダブってしまうという事態になり、不安なのでGoogle Driveはダメ。

 

続いて、Dropboxですが、これがなんか最近同期がやけに遅かったりするし、

容量も大きくないので、大したものは入らない。その結果Dropboxもあまり使わなくなりました。

 

結果、今もよく使っているのは、Box.netCopyEvernoteです。

この三つを使い分けています。もの凄く便利です。

以下、使い分けの状況です。

 

Box.net

まず大容量です。僕はキャンペーンで50GBの無料容量をもらいました。

転送速度もかなり早いです。同期もスムーズ。

唯一の欠点は、250MBより大きいファイルを置けないことですね。

でも大抵のものはここに放り込んでおけます。

Finale(楽譜浄書ソフト)のファイル形式でも問題ありません。

 

Copy

こちらは無料で15GB使えます。

dropboxと同じ使い心地と噂のサービスです。

でも無料容量はdropboxより格段に大きいですね。

転送速度もなかなか速いです。

box.netとの違いは、250MB以上のファイルでも余裕で置けちゃうところですね。

さらに紹介一件につき双方に5GB増える仕組みのようです。

https://copy.com?r=trazxy

↑こちらから登録して、端末(PCでもモバイルでも)にもアプリを入れてくれれば、

はじめから容量20GBのアカウントを作れます!是非!

 

Evernote

基本的にbox.netとcopyで事足りるのですが、

Evernoteには他にはない特殊な機能が備わっているので重宝します。

画像内の文字認識です。

これは検索したときに涙がでるほどありがたいです。

例えば、名刺の画像を大量にevernoteに放り込んでおいたとします。

「和歌山」で検索すると、「住所や会社所在地が和歌山」の人を検索できるわけです。

いちいちファイル名やフォルダなどで管理しなくてもよいので、

僕のような無精者にもピッタリです。

 

 

というわけで、基本的には、Box.netCopyをファイル容量によって使い分け、

あとで画像内文字検索したい名刺や楽譜なんかのファイルはEvernote

参考になれば幸いです。

 

※Copyはこちらから登録後アプリをダウンロードすることで5GBのボーナスがつきます!

https://copy.com?r=trazxy

[content_block id=580]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Translate »