Mandolin Player Kzo Ishibashi

石橋敬三と楽しむマンドリンの世界

Tag: 上達

上達の心理術② 〜課題の設定レベル〜

前回(楽器が巧くなる秘訣① 〜伸び悩み時期に〜)の続きです。

今回は楽しい楽しい課題の設定の仕方についてです。

課題と聞くとカラダが拒絶反応を示す人もいると思いますが、

自発的に上手に課題を設定すると、毎日が楽しくなります。

 

負荷と意欲は反比例ではない

まず、上達には練習が欠かせません。

そして、練習には負荷がつきものです。

筋トレと一緒です。

ですが、時にその負荷は、肉体的にも心理的にもプレッシャーとなり、

上達しようとする人の意欲を削いできます。

 

その結果・・・・、

 

負荷は高ければよいというものではない。

程よいレベルの課題を選ぶべきだ。

 

そう考える人が多くなります。

 

これは決して間違った考え方ではないと思います。

しかし、完璧に自分に合ったレベルの課題なんて、

一体誰が選んでくれるのでしょう。

自分でそれをできる人は、このブログなんて読む必要はないでしょうし。

そして、周りに的確な課題を与えてくれる人がいる確率も低いと思います。

下手をすると、勝手に妙な限界を設定されてしまって(つまり見くびられて)、

能力の幅が狭まっていることもあるかもしれません。

 

では、どうするか。

 

とりあえず高めの負荷をかけてみる

とにかく、自分の限界を超えた課題を設定しましょう。

どの程度限界を超えているかなんて、この際、置いておきましょう。

ここで大事なのは、

「これ、ほんとにできるのかなぁ・・・」

ではなく、

「これができたら面白いだろうなぁ!」

と思う事です。

やらされている、と思ったらその時点で損しています。

 

結果、できなくても、無問題です。

10個設定して1個でもできたら万々歳です。

できなくて当たり前の事ができたら、面白いじゃないか!

少なくとも、自分自身で天井を設ける必要はありません。

自由に伸びていきましょう!

 

僕の場合

僕自身のことを話すと、中学生の時にエレキギターを始めたとき、

初めてコピーしようと思ったギタリストが超絶技巧派のPaul Gilbertでした。

その当時はそれがどのくらい難しいものかはわからなかったのですが、

弾けるところだけ拾ってコピーしていく作業は楽しかったです。

(※もちろんほとんど弾けなかったですが)

マンドリンという楽器に替えてからも、

とんでもない曲にチャレンジしつづける癖は直らず、今に至ったというわけです。

その裏にはいつも「これが弾けたら面白いだろうなぁ!」という心理があります。

チャレンジする曲が難しければ難しいほど、

弾けた時には面白い事になるということが予測できます。

だから難しい曲に直面するとワクワクするのです。

(↑弾けない事が多いとしてもです!)

 

さぁみなさん、弾けたときのことを妄想しながら、

難曲にチャレンジしましょう!!

 

前回発表から二日で売り切れてしまったアレンジ代行ですが、

また5件限定で出します。

(と書こうと思ったらもう残り3件です・・・。)

5月末までのお試し特別価格です。

早いもの勝ち、First come, first served!です。

ちなみにご存知かもしれませんが、Premium Supporterの方には

20%割引のクーポンを用意しますので、

この際に加入していただいたほうがお得です。

[content_block id=580]

上達の心理術① 〜伸び悩み時期に〜

このカテゴリーでは、楽器の上達の秘訣を分析してみます。

具体的な奏法等の解説ではなく、心理的なことですので、

楽器以外の事にも応用できるかもしれません。

 

幼児期

さて、みなさん楽器を初めて間もない頃は、

わかりやすい課題がたくさんあったと思います。

 

・ト長調の音階をローポジションで弾けるようになる

・トレモロをBPM144、16分音符で弾けるようになる

 

これらのことは、わかりやすく、課題として設定するのも容易く、

達成度合を判断するのも簡単です。

この時期は、一つ一つ課題がクリアできていくことに喜びを感じるでしょうし、

それが「マンドリンって楽しい!」と思える要素になります。

練習量に従って自動的に巧くなる時期です。”幼児期”としましょう。

 

その時期を過ぎると、課題は少々複雑で微妙な世界になってきます。

 

青年期

・ダウンとアップのピッキングの音質を揃える

・弦に対してピックの入る深さをなるべく浅くする

・スケールを弾く際の音の切れ目を滑らかにする

 

この時期では、人によって「伸び悩み」が発生します。

仮に”青年期”としましょう。

青年期では、幼児期とは違い、自動的に上達する幅が小さいのです。

「何も考えず、ただ練習する」という練習法は見直したほうが良いでしょう。

精神と時の部屋があれば別ですが、

「きっちりと上達する練習法」を選択しないと時間がもったいないです。

 

ではどうすればよいか・・・・。

 

青年期の練習法

例えば、今日の基礎練習に1時間とれるとします。

トレモロの練習を30分、フィンガリングの練習を30分するとしましょう。

まず、メトロノームを鳴らしながらトレモロの練習をします。

 

・・・・タカタカタカタカタカタカ・・・・

 

ここで、もう一度考えてください。

今日の30分のトレモロ練習の目的を。

 

練習の目的はなんですか?

何を改善したいのでしょう?

どんな癖を直したいのでしょう?

 

それがはっきりしないのなら、この練習はあまり意味がないです。

違う練習をしましょう。

 

ちょっと極端な事を言いましたが、

要するに、

 

目的がはっきりしない

モチベーションも上がらないし達成感も得られない

上達しない、仮に上達しても一時的なもの

 

という、恐ろしいパターンに陥りかねないという事です。

 

まとめ

初めは難しいかもしれませんが、

人に言われたものではなく自分で設定した課題をクリアしていく

快感は素晴らしいものですので、ただただ練習するだけではなく、

課題について「考える」時間をつくりましょう。

もし、課題が思いつかないときは、巧い人の演奏を聴いてください。

CDでも構いませんが、できれば生で。

何かを得られると思います。

 

さりげなく最新アルバム”BLUE”から『Tonda』を貼っておきます。

 

Translate »